平成30年度芸術文化ふれあい事業

出前講座で「茶道を」

 11月の末、学校訪問出前講座で、大伏小学校に伺う機会をいただきました。出前講座(犬伏小)
担任の先生方や、コーディネ―ターの方々のご協力のもと、前日の準備から始まりました。
六年生2クラス、72名に、1時間20分という短い時間でしたが、室町時代に花咲いた東山文化の中のひとつ、「茶道」を紹介しました。
床、花、風炉・釜、等々、実際の茶席の様にセッティングされた会議室で、点前を披露する中、お菓子やお茶の頂き方、茶碗の扱い方等を体験していただきました。
恐る恐る手にする菓子盆や茶碗の扱いに戸惑いながら、隣り同志で作法を確め合う姿に、茶道の教えにある、(お互いの仕草を、しつかり細かく看なさじといつ言葉を思わず思い出していました。
点前動作にも、そして、季節や時間、場所や立場によって使い分けられる道具にも、意味や役割があることもお話しできました。
校外からの講師達に、少々の緊張感を持ちながらも、一生懸命にお行儀よく、正座にも耐え、私達の声に耳を傾けていただけました。
そして、次の回への順番を、寒い廊下で静かに待たれている姿は、既に相手への気遣いや礼儀を身につけられていると、確信した光景でした。
時を経て、再び「茶道」に遭われた時に、あの時間を懐しく、思い出してもらう事ができましたなら、幸いに思うものです。

(佐藤宗陽)

 

イオンモール利用事業

 本年度は、9月2日(日)に佐野イオンモールセントラルコートで行いました。 展示部門では、「子供書道展 優秀作品展」。子供たちの元気な筆使いにご来場のお客様は思わず足を止めていました。ステージ部門では、サンセレッソバレエ&スペイン舞踊スタジオの皆さんによる華麗なるダンスが披露され多くの観客を魅了しました。

(柳 誠)

イオンイオン

市民ギャラリー活用事業

 今年度も市民文化祭優秀作品展(写真・パソコン)や書道展、絵画展など様々な作品展が開催されました。また、新しい試みとして音楽・映像と朗読(演劇部門)が共演した演奏会や、邦楽を分かりやすく解説した演奏会などが開催され、毎回立見が出るほどの盛況ぶりでした。
さらに市民カルチャースクールを開講し、パソコンを使ったチラシ作成のテクニックやイラストの描き方を紹介しました。施設は市民の方も利用できますのでぜひご活用ください。

(小山 武)

世界旅行新春の調べ

写真は、「世界一周旅行(フルートと映像・語り)」 「新春の調べ(邦楽と映像)」

パソコン講座書道展

写真はパソコン講座「チラシ制作の極意」 「ぼくもわたしもお習字だいすき」

優秀作品展

写真は「市民文化祭優秀作品展(写真・パソコン)」